武富士 経営破綻

武富士の経営破綻と借金返済

消費者金融の「武富士」が経営破綻してしまい、TVコマーシャルで過払い金の請求について訴えかけているのを知っているでしょうか。
消費者金融から借金をすることで返済を続けている人の中には、関係する人の中に当てはまる方もおられるでしょう。
「過払い金」に関しては、消費者金融から借金を行なった際に、法律で決められている金利以上で契約した後以降に発生するお金を指しています。
法定範囲内の金利で再度計算し直してみると、現在まで返済を続けてきた借金のうち余分に支払った利息の金額を知ることができます。
その算出された金額が「過払い金」として扱われます。
利息制限法によって定められている利息は、「10万円未満20%」「10万円以上100万円未満18%」「100万円以上15%」という年利とされています。
であっても、実は貸金業者の側は、金利29.2%としている出資法に則った高利率で契約する業者がほとんどであると言われています。
「出資法」と「利息制限法」とでは、金利の差がかなりあるため、借金返済の期間が長い人ほど、過払い金が生じている可能性が高いと言えます。
自分が返済を続けてきた借金に関し、もう一度利息の計算をすることが大切と言えます。
過払い金の金額確認のために取得すべきなのは、取引履歴なのです。
過払い金の返還請求をするなら取引履歴は必要不可欠ですが、貸金業者が非協力的であるケースが考えられます。
こういった事を考えると、過払い金の返還に関しては弁護士や司法書士といった人のサポートを受けるのが、トラブルなくスムーズに話を進められるでしょう。
忘れてはならない点として、過払い金返還請求権というものは、消滅時効として10年という期間が定められているのです。
この期間内であれば、だいぶ過去に返済を終えた借金に関しても、過払い金が発生している可能性が残されていることを留意しましょう。