自己破産 借金返済

自己破産と借金返済

自己破産で以降の借金返済を免れられるのをご存知でしょうか。
自己破産については、裁判所によって借金返済に関して免責されるというものです。
自己破産の免責が与えられると返済のためにやり繰りに苦しむことはなくなりますが、それによって生じる代償もあります。
生活に必要不可欠な財産の他は、債権者の配当として強制回収されます。
例えば、20万円以上の預金、不動産、「自動車」「有価証券」「生命保険の解約返戻金」などのものが強制的に回収される対象となります。
借金返済からの解放を得られる一方で、自由に出来る財産も大部分がなくなります。
これ以外にも、資格の取得であったり職業の選択であったりという面で、制限が決められているのです。
引っ越しで住所を移転する場合や長期間の旅行に行く時には、裁判所から許可をもらう必要があるのです。
これら以外にも、自己破産をしてから5年から10年の期間は、クレジットカードの作成、ローンの契約のようなことがほとんど無理になります。
というのも、個人信用情報機関に俗に言うブラック情報が残されるためです。
このように、借金を新たにすることはしばらくできませんが、良い方に考えるのなら、自己破産をすることで借金を重ねる暮らしから心機一転できるまたとないチャンスだと感じられるでしょう。
そして、届けられる郵便物も破産管財人に管理されてしまうことになります。
ここまでは、自己破産した本人が被る制限ですが、連帯保証人がいる場合は一体どうなるのでしょうか。
借金返済の免責が認められるのは、自己破産申請をした人だけに限られます。
返済義務のなくなった借金は、連帯保証人に返済義務が生じます。
これにより、自己破産は借金返済の問題を片付けるために奔走し、後はどうしようもないという状態に追い込まれた時の保険としての認識を持ちましょう。